青汁の材料として知られているケールですが、実はキャベツやブロッコリーの原種で、地中海周辺地域で生まれたといわれています。栄養価が高く、とくにβ-カロテンはキャベツの約59倍も含まれる緑黄色野菜です。当農園で栽培している品種はクセがなくサラダやおひたしにも向いています。